個別銘柄動向(午前) 大林組、ミクシィ、サンエー、ツムラ、古河電池など

個別


■大林組(1802) 590円〔+6円、+1.03%〕
 大和証券が投資判断を「2」に引き上げ

■ミクシィ(2121) 6,500円〔-850円、-11.56%〕
 増担保規制。大豊建設(1822)、BBタワー(3776)も

■エムスリー(2413) 265,900円〔-300円、-0.11%〕
 SMBC日興証券が新規「1」

■サンエー(2659) 3,090円〔+157円、+5.35%〕
 第3四半期決算、増配を発表

■カルラ(2789) 442円〔+26円、+6.25%〕
 12月の売上推移速報を公表

■コロプラ(3668) 3,145円〔+120円、+3.97%〕
 「軍勢RPG 蒼の三国志」が累計200万DL、「魔法使いと黒猫のウィズ」が1,700万DL

■ツムラ(4540) 2,658円〔-109円、-3.94%〕
 野村証券が目標株価を2,300円に引き下げ

■中北製作所(6496) 581円〔+66円、+12.82%〕
 第2四半期及び通期業績予想を上方修正

■古河電池(6937) 815円〔+112円、+15.93%〕
 藤倉ゴムの反落から、物色対象に

■FDK(6955) 133円〔+20円、+17.70%〕
 超薄型リチウム電池の開発報道

■リコー(7752) 1,089円〔-16円、-1.45%〕
 大和証券が投資判断を「2」→「3」に引き上げ

■日本バルカー工業(7995) 290円〔+5円、+1.75%〕
 他社製品より耐久性が3倍高いシール材を開発したとの報道

■KDDI(9433) 6,420円〔+140円、+2.23%〕
 野村証券が目標株価を引き上げ

※株価は11時05分現在

戻る