NSJ-REIT ファンド紹介 日本アコモデーションファンド投資法人(3226) 生活スタイルや家族構成の変化に応じた分散投資

REIT 個別


日本アコモデーションファンド投資法人(3226)は、生活スタイルや家族構成の変化の応じた分散投資を行う住宅特化型REIT。「アコモデーション」とは入居者の多様なニーズに対応した住宅を提供すること。このため、投資対象は賃貸住宅や学生寮、学生マンション、アパートメント、シニア住宅、社宅など。稼働率は11月末現在で96.2%。

アコモF(3226) 週足

アコモF(3226) 週足

目標地域比率は、東京23区の占める割合が80%以上となっている。その他東京圏が4.6%、地方主要都市が8.5%など。スポンサー企業は三井不動産(8801)。三井不動産グループの活用で物件の供給や広範な物件情報を通じ、より適切な投資機会を取得していく。保有資産は8月期末現在で105物件、取得価格は2,674億円。

前8月期については、15物件を新規取得している。また、取得資金に充当するため、合計224億円の投資口を発行し、複数の金融機関より80億円を新たに借り入れた。期末における総有利子負債は1,390億円。LTV(総資産有利子負債比率)は50.8%。

主な投資物件としては、大川端賃貸棟(取得価格296億円)、パークアクシス白金台(同51億円)、パークアクシス文京ステージ(同44億円)、パークアクシス南麻布(同39億円)など。なお、分配金は前8月期が1万3,717円(確定)、今2月期は1万4,400円(予想)

戻る