PCとスマホの連携ツールが人気 緊急時のバックアップとしてもニーズ

セクター 個別


スマートフォン(スマホ)やタブレットがこの数年で急速に普及する中で、プライベートやビジネスを含めて、さまざまな場面での利用が増えている。そのような状況下でニーズが高まっているのが、PCとスマホとの連携ツールだ。

ソースネクスト(4344) 週足

ソースネクスト(4344) 週足

スマホやタブレットでアドレスや音楽、メモなどのデータが増えてくる過程で問題となってくるのが、端末紛失時のバックアップだ。自宅やオフィスのPCで端末のデータを保存すれば、トラブルが発生しても最悪の事態は回避できる。加えて、外出時にスマホで利用したデータを帰宅・帰社時にPCで操作するなど連携した利用へのニーズも増えていることから、これらの要求に応える連携ソフトやツールが人気を集めている。

ソースネクスト(4344)は、アンドロイド端末をPCから操作・編集できるアプリである「AirDroidプレミアム」を販売。同アプリは、端末が近くになくてもインターネット経由で接続することが可能であるなど充実した機能を搭載している。

ジャストシステム(4686・JQ)は、PC・スマートフォン・クラウドSync名刺管理ソフト「スマート名刺管理」を販売。同ソフトは、名刺をPCから取り込んでも、スマホから取り込んでもクラウドで同期することができる。

ヤフー(4689)は、Windows対応の連携ソフト「Yahoo!スマホマネージャー」を展開している。USBケーブルで接続したアンドロイドスマホ内の各種データを管理・バックアップできるユーティリティー機能と、楽曲やアプリなどを購入・ダウンロードできるデジタルストア機能を備えている。

戻る