材料追跡 「第2四半期増額修正」銘柄に相場的余熱 

個別 概況


通期増額修正の規模に思惑 IHIの増額規模はサプライズ

企業の業績修正が続々と発表されている。中で、決算発表前の増額修正は「第2四半期と通期の修正」と「第2四半期のみの修正」の2つに大別できる。前者の場合は増額修正を好感して決算発表自体は“材料出尽くし”となるパターンが多いが、後者の場合は微妙な駆け引きが株価に反映されることになる。

IHI(7013) 日足

IHI(7013) 日足

■株価反応は三者三様

別表は28日に第2四半期業績のみ上方修正した東証1・2部企業の経常利益修正率のランキング。その29日の株価展開は波乱相場の中でまちまちの様相。つまり、一口に増額と言ってもストレートに「買い」とならない場合も多い。第2四半期経常利益見通しを当初予想の120億円から233億円に113億円も上乗せしたIHI(7013)は買いを膨らませて続伸。「通期の連結業績予想につきましては、平成25年11月1日に予定しております第2四半期決算発表時にお知らせいたします」とリリースに記載し、決算発表時に通期の増額修正(現状の通期経常利益予想は370億円)に期待がかかる。つまり、通期の増額修正という相場的な余熱を残しているわけだ。一方、やはり第2四半期の増額修正を発表したアコム(8572)。そのリリースでは「通期連結業績予想に対する当第2四半期累計期間連結業績の進捗(しんちょく)率は、経常利益は68.3%、当期純利益は72.4%と順調に推移しているものの、利息返還損失引当金の繰入リスクが完全に払拭できないことから、連結・個別ともに通期業績見通しの修正は行っておりません」と記載。しかし、株価は9月末の1対10株の株式分割権利落ちによる値ごろ感も働き、株価は一時、前場で34円高の420円まで上昇。IHI、アコムともに株価は好反応を見せた。

■増額でも急落ケースも

一方、株価下落率上位に登場した株価100円台の佐田建設(1826)の場合は28日の場中14時に増額を発表し48円高の174円となった反動を受けての29日の株価下落となった。増額修正率の大きなあすか製薬(4514)は28日引け後の発表だったにもかかわらず株価は下落。増額の内容が、売上高は計画未達で利益は「販売費および一般管理費の削減および下期へのずれ込み」という要因だったことから積極的な上値追いが見られなかったようだ。このほか、第2四半期ベースのみの増額と言っても、株価の反応の要因は違う。建設株人気の地合いと銘柄規模を背景にヤマト(1967)がピン付いた一方、需給思惑、材料株感覚でとらえられる豊和工業(6203)東京計器(7721)は小動き。短期的な株価の動きはさまざまだが、業績の増額は基本的にはポジティブ材料であり、決算発表日とともに注目しておいていいだろう。

28日発表の第2四半期経常利益増額修正(通期未修正)銘柄
コード 銘柄 修正前 修正後 変化率 2Q発表日
9767 日建工学 30 91 3.0倍 11月8日
3023 ラサ商事 70 190 2.7倍 10月31日
1967 ヤマト 60 135 2.2倍 10月31日
4514 あすか製薬 350 800 2.2倍 11月5日
7013 IHI 12,000 23300 94.16% 11月1日
1960 サンテック 500 966 93.20% 11月8日
6262 ペガサスミシン 280 464 65.70% 10月31日
4043 トクヤマ 4,000 6000 50.00% 10月31日
5988 パイオラックス 2,600 3850 48.07% 11月7日
6203 豊和工業 310 450 45.16% 11月11日
6364 北越工業 880 1200 36.36% 11月5日
5936 東洋シヤッター 280 380 35.71% 10月31日
8572 アコム 23,700 31700 33.75% 11月7日
3946 トーモク 1,900 2500 31.57% 10月31日
7235 東京ラヂエータ 800 1000 25.00% 11月8日
6339 新東工業 1,800 2240 24.44% 11月8日
9619 イチネンHD 1,930 2236 15.85% 10月31日
4507 塩野義製薬 240 278 15.83% 10月31日
2784 アルフレッサ 14,700 16600 12.29% 11月5日
8174 日本瓦斯 2,400 2582 7.58% 10月31日
7721 東京計器 △80 420 黒字転換 11月11日
2196 エスクリ △15 337 黒字転換 10月31日
1826 佐田建設 △45 195 黒字転換 11月5日
※経常利益の単位は100万円、△は赤字。東証1・2部対象
戻る