話題銘柄をテクニカルで斬る オリエンタルランド(4661)、高島屋(8233)

テクニカル 個別


オリエンタルランド(4661) ダブルトップ形成を警戒し26週線待ちへ

オリエンタルランド(4661) 週足

オリエンタルランド(4661) 週足

週足は、2013年8月の高値1万6,800円と9月の高値1万6,700円でダブルトップ形成の兆候。8月の安値1万5,640円を割り込めば、ダブルトップの形成確認で下げ相場入りだ。現状、上昇する13週線が下値支持線として週足をサポートし、1万6,000円の節目も下値支持線として機能している。他方、出来高は減少し、昨年10月相場のような盛り上がりは見られない。目標値が上値1万6,700円、押し目狙いの下値メドが1万6,000円の小幅レンジの相場展開では投資妙味なし。見送り。1万6,000円割れ、26週線(1万5,613円)接近で買い。

 

高島屋(8233) 「逆のパターン」形成で戻り売り

高島屋(8233) 週足

高島屋(8233) 週足

週足は、2013年5月の高値1,183円をピークに高値切り下げ、安値切り下げの下降トンネル相場に入った。週足は、8月に大陰線が相次いで示現、下降する13週線、上昇する26週線を割り込み、13週線は上昇する26週線とデットクロスを示現。先安を示唆。10月に入り26週線のベクトルも下向きに転じ、長期下降相場の様相。8月以降、週足の上値を下降する13週線が押さえつけている。株価は「逆のパターン」に入った。週足が13週線超えれば戻り売り。下値メドは心理的メドの800円。

戻る