個別銘柄動向(午後) 大成建設、ヒビノ、東京エレクトロンデバイス、アンジェスMG、オムロンなど

個別


■国際石油開発帝石(1605) 462,000円〔+3,000円、+0.65%〕
 ロシア連邦イルクーツク州における探鉱事業へ参画

■大成建設(1801) 471円〔-14円、-2.89%〕
 ドイツ証券が投資判断を「Sell」に引き下げ

■エプコ(2311) 1,458円〔-43円、-2.86%〕
 立花証券が「中立」に投資判断を引き下げ

■ヒビノ(2469) 1,759円〔+76円、+4.52%〕
 13時に上方修正を発表

■東京エレクトロンデバイス(2760) 184,700円〔+33,300円、+21.99%〕
 東京エレクトロンとアプライドマテリアルズとの経営統合絡み

■アンジェスMG(4563) 71,800円〔+3,200円、+4.66%〕
 HGF遺伝子治療の血管新生作用を増強させる併用療法の医薬用途特許が成立

■日本オラクル(4716) 3,715円〔-70円、-1.85%〕
 大和証券が投資判断を「3」→「4」へ引き下げ

■瑞光(6279) 6,760円〔-480円、-6.63%〕
 第2四半期決算を発表

■コマツ(6301) 2,468円〔-64円、-2.53%〕
 東海東京調査センターでは短期的に更なる上値は限定的と

■オムロン(6645) 3,725円〔+65円、+1.78%〕
 UBSが目標株価を4,300円に引き上げ

■ザインエレクトロニクス(6769) 691円〔+100円、+16.92%〕
 東大とのCDR技術の共同開発を発表

■ライトオン(7445) 932円〔-12円、-1.27%〕
 9月度の既存店売上高は前年比 102.3%

■ユニ・チャーム(8113) 5,560円〔+90円、+1.65%〕
 中国で高機能紙おむつに本格的に乗り出すとの報道

■イオン(8267) 1,383円〔+11円、+0.80%〕
 8月度の営業収益は前期比 103.5%

■アニコム ホールディングス(8715) 1,204円〔+61円、+5.34%〕
 富士通との協業を発表

■アークランドサカモト(9842) 1,482円〔-19円、-1.27%〕
 第2四半期決算を発表

※株価は14時27分現在

戻る