概況

2014年相場を振り返る(下) 年間上昇率(JPX日経400採用銘柄) ミネベア、洋ゴムなど2倍超に

個別 概況

NYダウ 月足

「2014年相場を振り返る(上)」では、全市場の銘柄を対象にした年間上昇率ランキングを紹介したが、「新興市場の聞いたことのない銘柄ばかりで面白くない」という声が多かった。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は小じっかり。クリスマス休暇の影響で引き続き薄商いも、新興市場が物色

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,818.96円の10.21円高、TOPIXは1,427.50の6.24ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,422、値下がり銘柄数は362。出来高は16億2,069万株、売買代金は1兆3,676億円。

続きを読む>>

市場関係者の独り言 米国株 2015年調整のゴング鳴る!?

概況

NYダウ 月足

良くも悪くも日本株の先導役を務めてきた米国株式市場。振り返ればバラク・オバマ大統領就任直後の2009年2月を底に米国株は一貫して上昇。12月23日には初の1万8,000ドルの大台に乗った。来る2015年も米国株は上昇トレンドが続くのか、それとも――。

続きを読む>>

概況/寄り付き 東京市場は引き続き小動き、欧米のクリスマス休暇から資金流入も乏しそうと。不動産株が値上がり

概況

日経平均 週足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが350万株、買いは290万株。9時14分時点の日経平均は17,806.62円の2.13円安、TOPIXは1,423.97の2.71ポイント高。

続きを読む>>

2014年相場を振り返る(上)  イナゴ投資家が跋扈

個別 概況

プラズマ(6668) 週足

今年の株式市場で話題を集めたのが「イナゴ投資家」の存在。かの日本経済新聞でも紹介されたのでご存じの方は多いだろうが、材料株の短期売買を繰り返す個人投資家のこと。材料がありそうな銘柄に一気に集まり、食い散らかしてあっという間に去っていく様子がイナゴに似ていることからそう呼ばれる。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は6営業日ぶりに反落。海外勢のクリスマス休暇から手控えムード。電力や非鉄、鉄鋼、証券などが安い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,808.75円の45.48円安、TOPIXは1,421.26の4.76ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は512、値下がり銘柄数は1,214。出来高は16億303万株、売買代金は1兆3,842億円。

続きを読む>>

概況/寄り付き 日経平均は反落スタート。石油関連や鉄鋼、海運などが安い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,807.47円の46.76円安、TOPIXは1,423.33の2.69ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが400万株、買いは650万株。

続きを読む>>

12月24日の米国株式市場は、高安まちまち。NYダウ 0.03%高、ナスダック 0.17%高、S&P500 0.01%安

概況

NYダウ 週足

前日までの堅調な流れが下支えも、クリスマスの祝日を前に短縮取引で薄商い。NYダウは引けにかけて上げ幅縮小も、6日続伸。

続きを読む>>

概況/大引け 日経平均は5営業日続伸、NYダウの18,000ドル台乗せや円安を好感。自動車株が高い

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,854.23円の219.09円高、TOPIXは1,426.02の12.97ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,172、値下がり銘柄数は560。出来高は21億3,937万株、売買代金は2兆403億円。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日経平均 アイランドリバーサルの目先底形成か

テクニカル 概況

日経平均

日経平均株価は日銀のサプライズ緩和の翌日に形成したマドを意識して急反発した。早期に基準線以上に戻したことで、同線上を維持できるかが強気継続のポイントだ。基準線が横ばいで推移する中、年明けに予想される転換線の上昇で一段高に弾みがつくかが焦点となる。

続きを読む>>