概況

取材の現場から 武田薬品の「降圧剤臨床研究」問題 京都大学調査では問題なし

概況

武田(4502) 日足

京都大学は2月27日、武田薬品(4502)の降圧剤「ブロプレス」の臨床研究を行った「CASE-J」の問題に関する調査結果を発表した。武田薬品がブロプレスの広告でCASE-Jの論文データを使ったが、そのデータが論文と違っていたことが昨年明らかになった。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反落、雇用統計による米株安が嫌気。不動産株や医薬品株が軟調

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,790.55円の180.45円安、TOPIXは1,531.76の9.08ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は652、値下がり銘柄数は1,075。出来高は17億9,771万株、売買代金は2兆1,949億円。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 薬品株、機械株に人気集中

個別 概況

急ピッチの相場上昇に対する警戒感は、市場関係者の間にも依然として強いものの、「押し目待ちに押し目なし」の相場格言を地で行く展開が続いている。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は軟調なスタート。雇用統計から利上げが警戒され米国株が下落、連れ安

概況

9時10分時点の日経平均は18,786.43円の184.57円安、TOPIXは1,527.01の13.83ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,040万株、買いは1,540万株。

続きを読む>>

3月6日の米国株式市場は、反落。NYダウ 1.54%安、ナスダック 1.11%安、S&P500 1.42%安

概況

NYダウ 週足

朝方から冴えない展開が続き反落。2月の雇用統計が予想を上回り、利上げへの警戒感から利益確定の動きが優勢に。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は続伸、欧米株高が好感。日経平均は19,000円に接近

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は18,971.00円の219.16円高、TOPIXは1,540.84の17.12ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,166、値下がり銘柄数は549。出来高は21億2,844万株、売買代金は2兆5,530億円。

続きを読む>>

投信買い、復活への道 ラップ向け設定が主体

概況

“個性派”も相次ぎ登場 18日「なでしこ銘柄」発表 このところ売り越し基調を続ける個人に歩調を合わせる格好で、投信も直近2月第3週(16―20日)まで、4週連続の売り越しとなった。これは昨年10月第1週以来のことだ。とは…

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は続伸スタート、欧米株高を好感

概況

日経平均 週足

9時11分時点の日経平均は18,852.93円の101.09円高、TOPIXは1,528.05の4.33ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが950万株、買いは1,610万株。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は小幅反発。ECB理事会と明日の米雇用統計を控え手控えムード

概況

大引けの日経平均は18,751.84円の48.24円高、TOPIXは1,523.72の6.71ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は927、値下がり銘柄数は794。出来高は18億2,465万株、売買代金は2兆1,555億円。

続きを読む>>

中国全人代開幕へ 「5・8・13日」に注目

概況

2月末に利下げをアナウンスした中国。主要政策金利である1年物貸出基準金利は0.25%引き下げ5.35%に、1年物預金基準金利は0.25%引き下げ2.5%に。今回の利下げは前回の昨年11月の利下げと合わせて、(1)中小企業など企業の資金調達コストの軽減、(2)銀行の不良資産拡大の抑制、(3)住宅ローン金利低下による住宅市場活性化――などを通じ、中国の景気下支え効果を持つと考えられている。

続きを読む>>

2 / 26312345...102030...最後 »