概況

2月4日の米国株式市場は、高安まちまち。NYダウ 0.04%高、ナスダック 0.23%安、S&P500 0.42%安

概況

NYダウ 週足

引けにかけて売られる展開。企業決算や予想を上回る1月のISM非製造業景況指数が好感されたものの、ECBがギリシャ国債の担保受け入れ停止を発表したことが嫌気される展開。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は大幅反発、欧米株高を好感。金利上昇で保険が高く、鉄鋼も上昇

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,678.74円の342.89円高、TOPIXは1,417.00の24.61ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,542、値下がり銘柄数は250。出来高は27億2,707万株、売買代金は2兆8,072億円。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反発スタート、欧米株高を好感。原油価格の続伸から関連銘柄が高い

概況

日経平均 週足

9時12分時点の日経平均は17,548.47円の212.62円高、TOPIXは1,409.41の17.02ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,500万株、買いは1,450万株。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反落。豪中銀が利下げし円高に、国債入札不調で金利上昇も警戒。原油の続伸で石油関連は高い

概況

NYダウ 週足

大引けの日経平均は17,335.85円の222.19円安、TOPIXは1,392.39の16.36ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は334、値下がり銘柄数は1,454。出来高は27億5,819万株、売買代金は2兆6,958億円。

続きを読む>>

地場証券に有望銘柄聞く 好決算銘柄を追撃買い

個別 概況

ミネベア(6479) 週足

東京市場は順調な出直り相場を形成中。日経平均は1万7,800円台を回復し、いよいよ、昨年12月8日の高値(1万8,030円)奪回が視野に入ってきた。四半期決算で主力企業の業績好調が再確認されつつあることも買い意欲を高めているようだ。

続きを読む>>

千利休のローソク足分析 日経平均 2月第2週起点に上昇基調を強めるか

テクニカル 概況

日経平均 日足

日経平均株価は昨年11月以降で形成されるもみ合い中値付近(1万7,500円どころ)を上回り、一段高に向け踊り場形成の確度が高まった状況である。昨年12月高値を起点とした上値抵抗線に達したことで、再び中値付近(1万7,500円どころ)や25日線(1万7,378円、1月29日)前後まで押し目を形成する可能性はあるが、2月第2週あたりを起点に上昇基調を強める展開が予想される。

続きを読む>>

概況/寄付き 東京市場は反発、欧米市場の上昇を好感。ただ、円高警戒で上値重い

概況

日経平均 週足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,780万株、買いは1,830万株。9時16分時点の日経平均は17,596.98円の38.94円高、TOPIXは1,412.33の3.58ポイント高。

続きを読む>>

2月2日の米国株式市場は、反発。NYダウ 1.14%高、ナスダック 0.89%高、S&P500 1.30%高

概況

NYダウ 週足

朝方やや冴えない動きも、引けにかけて上げ幅を拡大。1月のISM製造業景況指数が予想を下回り懸念された一方、原油価格の反発が好感される展開。

続きを読む>>

概況/大引け 東京市場は反落、先週末の欧米株安を警戒

概況

日経平均 週足

大引けの日経平均は17,558.04円の116.35円安、TOPIXは1,408.75の6.32ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は530、値下がり銘柄数は1,236。出来高は22億9,631万株、売買代金は2兆2,944億円。

続きを読む>>

日銀ETFで“新記録” 官製相場に懸念の向きも

概況

日銀ETF(上場投信)買い入れで新記録。1月29日に「月間10回目」の買い入れとなったものだ。日銀がETF買い入れを開始したのは2010年12月からで、当初の月間最多実施回数は、11年3、8、9月の「7回」だった。

続きを読む>>