12月19日の米国株式市場は、反落。NYダウは 0.74%安、ナスダックは 0.33%安。

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

12月19日の米国株式市場は、反落。「財政の崖」回避に向けた財政協議で再び合意期待が後退、引けにかけて下げ幅を拡大する展開に。

ダウ工業平均は前日比 98.99ドル安(0.74%安)の13,251.97ドル、ナスダック総合指数は前日比 10.17ポイント安(0.33%安)の3,044.36ポイント。

ダウ構成銘柄では、ムーディーズが格下げ方向で見直しとしたアルコアが安く、ホーム・デポやバンク・オブ・アメリカ、メルク、コカ・コーラ、ファイザーなど、ほぼ全面安の展開。反面、ユナイテッド・テクノロジーズ、インテル、キャタピラーが小幅高。

その他、決算が好感されオラクルが3.68%高、アップルが1.42%安と反落で、フェイスブックも1.08%安。前日売られていた銃器メーカーのスミス&ウェッソン、スターム・ルガーは反発。

戻る