個別銘柄動向(午後) 日本海洋掘削、群栄化学、アンジェスMG、岡部、TDK、ジーンズメイトなど

概況


■日本海洋掘削(1606) 7,400円〔-520円、-6.57%〕
 JXの佐渡南西沖における顕著な石油・天然ガスの徴候は確認できなかったとの発表で

■ディー・エヌ・エー(2432) 1,950円〔-22円、-1.12%〕
 大和証券では新規「2」

■群栄化学工業(4229) 618円〔+73円、+13.39%〕
 総合科学技術会議が行動計画に3D造形装置の新しい試験機の開発を盛り込むととの報道

■アンジェスMG(4563) 137,400円〔+7,400円、+5.69%〕
 アトピー性皮膚炎治療薬の第1相臨床試験で皮膚安全性を確認

■サイバーエージェント(4751) 212,500円〔+4,100円、+1.97%〕
 大和証券では新規「2」、25,500円目標

■東京製鐵(5423) 487円〔+5円、+1.04%〕
 UBS証券が投資判断を「Neutral」に引き下げ

■日本精線(5659) 452円〔+4円、+0.89%〕
 第1四半期決算を発表

■アルインコ(5933) 871円〔+4円、+0.46%〕
 立花証券では「やや強気」

■岡部(5959) 1,115円〔+10円、+0.90%〕
 第2四半期業績予想の増額修正を発表

■TDK(6762) 3,695円〔+0円、+0.00%〕
 クレディ・スイスでは目標株価を4,200円→4,400円へ引き上げ、「OUTPERFORM」を継続

■ジーンズメイト(7448) 262円〔-2円、-0.76%〕
 7月度の既存店売上高は91.9%、全店は88.7%

■東京都民銀行(8339) 1,187円〔+14円、+1.19%〕
 フィリピンのメトロポリタン銀行と業務提携

■日本通運(9062) 514円〔+13円、+2.59%〕
 800名の転進支援措置を実施へ

※株価は14時36分現在

戻る