個別銘柄動向(午後) FUJIKOH、DDS、アクロディア、カナレ電気、古野電気、任天堂など

概況


■エヌアイデイ(2349) 1,453円〔-119円、-7.57%〕
 大型システム開発案件の中心から特損を計上

■FUJIKOH(2405) 549円〔+68円、+14.14%〕
 6月の月次売上高は前年比111.1%、計画比117.1%

■JBR(2453) 207,000円〔+26,000円、+14.36%〕
 夢の街創造委員会の株式を取得

■日清食品ホールディングス(2897) 4,200円〔-40円、-0.94%〕
 野村証券では「Neutral」を継続

■ITbook(3742) 139,500円〔+30,000円、+27.40%〕
 1対200の株式分割、1単元を100株に

■ディー・ディー・エス(3782) ストップ高買い気配
 8日連続のストップ高、14連騰

■アクロディア(3823) 30,550円〔-5,350円、-14.90%〕
 第3四半期決算を発表

■テイクアンドギヴ・ニーズ(4331) 23,140円〔-170円、-0.73%〕
 プロデュースチームがザ・リッツ・カールトン東京と業務提携

■カナレ電気(5819) 1,488円〔+45円、+3.12%〕
 業績上方修正を発表

■日本エマージェンシーアシスタ(6063) 2,263円〔-252円、-10.02%〕
 日立グループの海外における緊急医療サービス業務を受注

■日機装(6376) 1,327円〔-19円、-1.41%〕
 150億円の転換社債、潜在株式数の比率は11.57%

■東芝(6502) 484円〔+4円、+0.83%〕
 SMBC日興証券が目標株価を670円に引き上げ

■古野電気(6814) 744円〔-86円、-10.36%〕
 赤字となる第1四半期決算を発表

■三浦印刷(7920) 126円〔+7円、+5.88%〕
 投資有価証券売却益130百万円

■任天堂(7974) 13,420円〔+700円、+5.50%〕
 連日の年初来高値更新、東証と大証の現物市場の統合で思惑継続

※株価は14時37分現在

戻る