12月18日の米国株式市場は、続伸。NYダウは 0.87%高、ナスダックは 1.46%高。

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

12月18日の米国株式市場は、続伸。「財政の崖」回避に向けたオバマ大統領と共和党との財政協議が進展、合意に達するとの期待感が支援材料に。

ダウ工業平均は前日比 115.57ドル高(0.87%高)の13,350.96ドル、ナスダック総合指数は前日比 43.93ポイント高(1.46%高)の3,054.53ポイント。

ダウ構成銘柄では、バンク・オブ・アメリカが買われ、ヒューレット・パッカード、インテル、マイクロソフトも堅調で、ファイザー、ボーイングなど、構成銘柄の8割強がプラス。反面、GE、コカ・コーラ、ベライゾン、ホームデポが冴えない。

その他、サムスン電子が欧州での販売差止め請求を取り下げたこと等から、アップルが2.90%高と続伸。フェイスブックは3.59%高と反発。銃乱射事件から、銃器メーカーのスミス&ウェッソンは9.99%安と続落で、スターム・ルガーも7.73%安。

戻る