6月26日の米国株式市場は、続伸。NYダウは1.02%高、ナスダックは0.85%高、S&P500は0.96%高

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

6月26日の米国株式市場は、アジア、欧州市場が堅調な展開となるなか、1-3月期GDP(確報値)が下方修正されたことで緩和策縮小への懸念が後退、寄り付きから上昇、続伸となった。

この日発表された1-3月期GDP(確報値)は、前期比年率1.8%と改定値、予想の2.4%を下回る結果に。

ダウ工業平均は前日比 149.83ドル高(1.02%高)の14,910.14ドル、ナスダック総合指数は前日比 28.34ポイント高(0.85%高)の3,376.22、S&P500指数は前日比 15.23ポイント高(0.96%高)の1,603.26。

ダウ構成銘柄は、ボーイングやホーム・デポ、マイクロソフト、トラベラーズ、ユナイテッドヘルス・グループなど幅広い銘柄が上昇。指数を構成する30銘柄中27銘柄が値上がり。アルコア、キャタピラー、IBMがマイナス。

その他、格上げされたアドビシステムズが2.95%高と堅調で、ネットラジオのパンドラメディアが8.04%高、反面、四半期決算を発表したモンサントは0.55%安。アップルは反落で400ドル台割れ、フェイスブックも反落で、グーグルは反発。

戻る