12月14日の米国株式市場は、続落。NYダウは 0.27%安、ナスダックは 0.70%安。

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

12月14日の米国株式市場は、続落。「財政の崖」に進展が見られないなか、アップル株の下落が市場ムードを悪化。

ダウ工業平均は前日比 35.71ドル安(0.27%安)の13,135.01ドル、ナスダック総合指数は前日比 20.83ポイント安(0.70%安)の2,971.33ポイント。

ダウ構成銘柄では、アルコアやヒューレット・パッカード、キャタピラー、バンク・オブ・アメリカ、コカ・コーラなどがシッカリも、アメリカンエクスプレス、マイクロソフト、メルク、ディズニー、ファイザー、ホームデポなど、指数構成銘柄の6割強がマイナス。

その他、アップルが3.76%安と3日続落、UBSが目標株価を引き下げたことや中国で販売が開始されたiPhone5の盛り上がりがそれほどでもないとの見方が重しに。ベストバイが14.66%安と一転急落、創業者のシュルツ氏による買収提案提出期間が延期されたことが嫌気。決算が好感されたアドビは5.71%高。フェイスブックは5.06%安。

戻る