12月10日の米国株式市場は、小幅高の展開。NYダウは 0.11%高、ナスダックは 0.30%高。

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

12月10日の米国株式市場は、小幅高の展開。重要指標の発表もなく、「財政の崖」進展見極めのなか、FOMCを前に様子見ムード、終始小幅高での揉み合いに。

ダウ工業平均は前日比 14.75ドル高(0.11%高)の13,169.88ドル、ナスダック総合指数は前日比 8.92ポイント高(0.30%高)の2,986.96ポイント。

ダウ構成銘柄では、コンピュータのヒューレット・パッカードやシスコシステムズ、マイクロソフトといったハイテク株が堅調で、11月の既存店売上高が好感されたマクドナルドもシッカリ。アルミのアルコアや建機のキャタピラーなどもプラス。

反面、ホームセンターのホームデポが安く、ベライゾン、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン、ファイザー、インテルがマイナス。指数構成銘柄の高安は半々。

その他、格下げからオンライン旅行のプライスライン・ドット・コムが5.03%と安く、アップルも0.64%安と続落。

戻る