4月19日の米国株式市場は、反発。NYダウは0.07%高、ナスダックは1.25%高、S&P500は0.88%高

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

4月19日の米国株式市場は、ナスダックは寄り付きから堅調な推移も、IBMの下落でNYダウは上値を押さえられる展開。

ダウ工業平均は前日比 10.37ドル高(0.07%高)の14,547.51ドル、ナスダック総合指数は前日比 39.69ポイント高(1.25%高)の3,206.06、S&P500指数は前日比 13.64ポイント高(0.88%高)の1,555.25。

ダウ構成銘柄では、増益決算を発表したマイクロソフトが3.39%高と買われ、アメリカン・エキスプレス、ベライゾン、ディズニー、ボーイング、バンク・オブ・アメリカなど幅広い銘柄が堅調。構成銘柄の8割がプラス。だだ、指数寄与度が高いIBMが決算から8.28%安と売られ、上値を抑える要因に。げんばからやヒューレット・パッカード、マクドナルドも軟調。

その他、グーグルが4.43%高と3日ぶりに反発、アナリストの予想を上回る決算が好感。アップルは3日続落で、前日決算から売られたeBayも小幅続落、フェイスブックは小幅反発。

戻る