概況/前引け 欧米の株安を受け、日経平均も13,200円(前日比182円安)まで売られたが、銀行、証券、ノンバンクが買われ、下げ幅縮小

概況


日経平均 15分足 MA(25/75)

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けのTOPIXは1,134.53ポイントの1.48ポイント安、日経平均は13,329円の53円安。東証1部市場の値上がり銘柄数は820、値下がり銘柄数は742。出来高は23億5,770万株、売買代金は1兆5,042億円。

欧州自動車工業会が発表した3月の欧州自動車販売は前年同月比10.3%減の135万台となり、仏PSAプジョーシトロエンが16.3%減、独フォルクスワーゲンが15%減となり、トヨタも16.6%減となりました。

欧州株式市場が売られ、米国でも自動車株が安くなりました。

米国ではバンク・オブ・アメリカが住宅ローンやトレーディング業務が振わず、アナリスト予想を下回ったため、他の金融株も売られ、NYダウも反落しました。

東京株式市場も弱含みましたが、日経平均は10時7分に13,200円(前日比182円安)を安値に持ち直し、下げ幅を縮めました。

みずほフィナンシャルグループ(8411)や三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)などの銀行株や、アイフルやポケットカードなどのノンバンクも買われました。証券株に買いが入り、朝方は利食い売りに押されていたSBIホールディングスも再び値上がりし、大和証券やいちよし証券などが買われました。

土地持ち企業のよみうりランドや東京都競馬なども高くなっています。

一休(2450)は株高などの資産効果を追い風に高級ホテルなどの予約が伸び、2014年3月期の経常利益は2割弱増え、20億円弱と過去最高を更新する見通しで、年間配当を前期推定(1,300円)の2倍超に当たる3,000円前後とする公算が大きいと報じられ、値上がりしました。

萌え系ソーシャルゲームの「ラブライブ」のヒットへの期待からKLab(3656)が2日連続ストップ高となり、エイチーム(3662)やマーベラス(7844)、グリー(3632)などゲーム関連も買われました。

日経ジャスダック平均は1,856円の10円高。ガンホーオンラインやクルーズなどのゲーム関連が活躍しています。

新薬の動物実験のイナリサーチ(2176)や、書籍・雑貨を販売しているヴィレッジヴァンガード(2769)も大幅高となりました。

戻る