4月11日の米国株式市場は続伸。NYダウは0.42%高、ナスダックは0.09%高、S&P500は0.36%高

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

4月11日の米国株式市場は続伸。この日発表された新規失業保険申請件数が34.6万件と予想以上の減少となったこと等が支援材料。ただ、1-3月期の世界パソコン出荷台数が大きく落ち込んだとのIDCの発表からハイテク株が冴えず、ナスダックは前日終値を挟んでの揉み合い。

ダウ工業平均は前日比 62.90ドル高(0.42%高)の14,856.14ドル、ナスダック総合指数は前日比 2.90ポイント高(0.09%高)の3,300.16、S&P500指数は前日比 5.64ポイント高(0.36%高)の1,593.37。

ダウ構成銘柄では、ファイザーやトラベラーズ、ベライゾン、シェブロン、ディズニーなどが堅調で、指数構成銘柄の8割がプラス。一方、IDCの発表からヒューレット・パッカードが大きく売られ、マイクロソフト、インテルも軟調。

その他、アップルは0.31%安と反落で、フェイスブック、グーグルは続伸。

戻る