4月8日の米国株式市場は反発。NYダウは0.33%高、ナスダックは0.57%高、S&P500は0.63%高

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

4月8日の米国株式市場は反発。アルミ大手アルコアを皮切りに本格化する四半期決算を前に、冴えない推移が続いていたが、引けにかけて持ち直す動きに。

ダウ工業平均は前日比 48.23ドル高(0.33%高)の14,613.48ドル、ナスダック総合指数は前日比 18.39ポイント高(0.57%高)の3,222.25、S&P500指数は前日比 9.79ポイント高(0.63%高)の1,563.07。

ダウ構成銘柄では、バンク・オブ・アメリカやコカコーラ、ディズニー、ホーム・デポなどが堅調な反面、格下げのジョンソン・エンド・ジョンソン、AT&T、マイクロソフト、3Mなどが冴えない。指数構成銘柄の19銘柄がプラス、11銘柄がマイナス。

その他、GEによる買収から石油採掘機器のラフキン・インダストリーズが37.59%高と急騰。アップルは0.71%高と小幅反発で、フェイスブックは1.98%安と反落、グーグルは続落。

戻る