12月04日の米国株式市場は、引き続き冴えない展開。NYダウは 0.116%安、ナスダックは 0.18%安。

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

12月04日の米国株式市場は、引き続き冴えない展開。NYダウは寄り付きシッカリも、その後は前日終値を挟んでの揉み合い。「財政の崖」回避に向けた協議に進展がなく、様子見ムード。

ダウ工業平均は前日比 13.82ドル安(0.11%安)の12,951.78ドル、ナスダック総合指数は前日比 1.79ポイント安(0.06%安)の3,010.24ポイント。

ダウ構成銘柄では、ヒューレット・パッカードが買われ、インテルやシスコシステムズ、バンク・オブ・アメリカ、ウォルマートなどが堅調。一方で、ホームデポやベライゾン、AT&T、コカ・コーラ、JPモルガン、マイクロソフト、3Mなどがマイナス。指数構成銘柄の半数強がマイナス。

その他、昨日ゴールドマン・サックスの格上げから買われたデルが2.49%高と続伸で、急落となっていたジンガが小幅反発、フェイスブックも反発。動画配信のネットフリックスがディズニーとの契約か14.01%高と急騰。

戻る