概況/寄り付き NYダウの3日連続の最高値更新を好感し全面高。トクヤマはクレディスイスの格上げ。

概況


日経平均 日足 MA(25/75)

日経平均 日足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,500万株、買いは3,230万株でした。

9時15分時点のTOPIXは1,011.63ポイントの7.28ポイント高、日経平均は12,116円の148円高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,089、値下がり銘柄数は448。

昨日のNYダウは33ドル高の14,329ドルと3日連続で過去最高値を更新しました。週間の新規失業保険週間申請件数が前週比7千件減少の34万件となり、35万5千件への増加という市場予想に反して減っていて、2週連続の減少となったため、金曜日に発表される2月の雇用統計への期待が抱かれました。

今朝の東京株式市場も米国株高を好感し、全面高の始まりとなっていて、指数寄与度の高いファーストリテイリング(9983)が買われています。

高額商品の売上げ拡大期待と土地の含み益が注目されている松屋(8237)が連日の株価高騰となっています。

トクヤマ(4043)はクレディスイス証券が投資判断を「Neutral」→「OUTPERFORM」に、目標株価を170円→300円に引き上げたことで買われています。ポリシリコンの中期的な収益拡大シナリオは株価に織り込まれていないと判断したそうです。

積水ハウス(1928)は相続税対策の増加などで都市部を中心に賃貸住宅の建設が伸びたため、2013年1月期決算は純利益で前期比60%増の464億円となったことが評価されました。

セイコーエプソン(6724)はSMBC日興証券がレーティングを「3」→「1」に引き上げ、目標株価は1,180円と発表したことで買われました。

クミアイ化学(4996)は野村証券が円安メリットを織り込み、業績予想上方修正し、目標株価を650円→720円に高めたことで買われました。

私的整理での経営再建をめざす中山製鋼所(5408)はグループ5社の完全子会社化で各社の同意を取りつけたと日経新聞で報じられ、値上がりしています。一部の会社が反発していましたが、グループの経営資源集約は企業再生支援機構などから支援を受けるための条件となっており、最終的に受け入れたと伝えています。

戻る