2月28日の米国株式市場は、小幅反落。NYダウは0.15%安、ナスダックは0.07%安、S&P500は0.09%安

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

2月28日の米国株式市場は、寄り付き冴えない展開もその後は持ち直していたが、引けにかけてマイナス圏に。歳出の強制削減への懸念も。

ダウ工業平均は前日比 20.88ドル安(0.15%安)の14,054.49ドル、ナスダック総合指数は前日比 2.07ポイント安(0.07%安)の3,160.19ポイント、S&P500指数は前日比 1.31ポイント安(0.09%安)の1,514.68ポイント。

ダウ構成銘柄では、ヒューレット・パッカードが反発し、デュポン、ホーム・デポ、3M、マクドナルドなどが堅調。一方、ウォルマートやIBM、P&G、JPモルガンなどが冴えない。指数構成銘柄では12銘柄がプラス、18銘柄がマイナス。

その他、赤字決算からクーポンサイトのグルーポンが24.28%安と急落、百貨店のJCペニーも決算から大幅安。アップルは0.71%安と続落、フェイスブックは1.41%高、グーグルは0.18%高。

なお、この日発表された第4四半期のGDP改定値は、前期比年率0.1%と速報値のマイナスからは上方修正。新規失業保険申請件数は34.4万件と予想を上回る減少となった。

戻る