2月26日の米国株式市場は、反発。NYダウは0.84%高、ナスダックは0.43%高、S&P500は0.61%高

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

2月26日の米国株式市場は、NYダウは朝方から堅調な展開で、ナスダックは一時マイナス圏も午後持ち直し。バーナンキFRB議長の議会証言が好感されたほか、予想を上回る経済指標などが下支えに。

この日発表された米1月の新築住宅販売件数は43.7万件と予想を大きく上回り、S&Pケース・シラー住宅価格指数も良好で、リッチモンド連銀製造業景況指数も予想を上回る結果に。

ダウ工業平均は前日比 115.96ドル高(0.84%高)の13,900.13ドル、ナスダック総合指数は前日比 13.40ポイント高(0.43%高)の3,129.65ポイント、S&P500指数は前日比 9.09ポイント高(0.61%高)の1,496.94ポイント。

ダウ構成銘柄では、決算が好感されたホーム・デポが5.69%高と値上がり率トップで、ヒューレット・パッカード、インテルも高く、デュポン、コカ・コーラ、エクソン・モービル、バンク・オブ・アメリカなど幅広い銘柄が上昇。一方、ユナイテッド・ヘルス・グループ、シスコシステムズ、JPモルガンなどが冴えない。

その他、決算から百貨店のメーシーズが2.78%高と堅調で、前日急騰の書店大手バーンズ・アンド・ノーブルが2.66%高と続伸。アップルは1.39%高と反発で、フェイスブックも小幅高、グーグルは小幅続落。

戻る