12月03日の米国株式市場は、冴えない展開。NYダウは 0.46%安、ナスダックは 0.27%安。

概況


12月03日の米国株式市場は、冴えない展開。寄り付きは高く始まったっものの、その後は冴えない展開で、マイナス圏に。この日発表された11月のISM製造業景況指数が予想を下回る49.5と分岐点となる50を下回ったことが重しとなった。

ナスダック 日足 6カ月

ナスダック 日足 6カ月

ダウ工業平均は前日比 59.98ドル安(0.46%安)の12,965.60ドル、ナスダック総合指数は前日比 8.04ポイント安(0.27%安)の3,002.20ポイント。

ダウ構成銘柄では、ネットワーク機器のシスコシステムズや医薬品のメルク、ファイザーなどがプラスも、デュポンやGE、コカ・コーラ、ウォルマート、3M、JPモルガン、エクソンモービルなど幅広い銘柄が軟調。指数構成銘柄の7割がマイナス。

その他、コンピュータのデルが4.36%高、ゴールドマン・サックスの格上げが材料視。直近堅調な展開のフェイスブックは3.43%安と反落、前日フェイスブックとの提携縮小から売られたジンガが9.3%安と続落、アップルは0.16%高と反発。

戻る