3月6日の米国株式市場は、反落。NYダウ 1.54%安、ナスダック 1.11%安、S&P500 1.42%安

概況


NYダウ 週足

NYダウ 週足

3月6日の米国株式市場は、朝方から冴えない展開が続き反落。2月の雇用統計が予想を上回り、利上げへの警戒感から利益確定の動きが優勢に。

NYダウ工業平均は前日比 278.94ドル安(1.54%安)の17,856.78ドル、ナスダック総合指数は前日比 55.44ポイント安(1.11%安)の4,927.37、S&P500指数は前日比 29.78ポイント安(1.42%安)の2,071.26。

ダウ構成銘柄では、ジョンソン・エンド・ジョンソンやP&G、コカ・コーラ、マクドナルド、メルク、3M、JPモルガン、キャタピラー、ビザ、マイクロソフト、トラベラーズなどが安い。指数を構成する30銘柄、全てがマイナス。

その他、NYダウへの採用が伝わったアップルが0.15%高、事務用品のステープルズは四半期決算から2.73%安。フェイブックやツイッター、アリババ、グーグルなどは冴えない。

戻る