2月26日の米国株式市場は、高安まちまち。NYダウ 0.06%安、ナスダック 0.42%高、S&P500 0.15%安

概況


2月26日の米国株式市場は、ダウがやや冴えず反落となったものの、ナスダックがシッカリした展開で反発。原油価格の下落でエネルギー関連株が売られたことが重しに。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 10.15ドル安(0.06%安)の18,214.42ドル、ナスダック総合指数は前日比 20.75ポイント高(0.42%高)の4,987.89、S&P500指数は前日比 3.12ポイント安(0.15%安)の2,110.74。

ダウ構成銘柄では、キャタピラーやシェブロン、IBM、エクソン・モービル、ディズニー、インテル、ホーム・デポなどが冴えない反面、ジョンソン・エンド・ジョンソン、シスコシステムズ、アメリカン・エキスプレス、コカ・コーラ、マクドナルドなどが堅調。指数を構成する30銘柄中、17銘柄が上昇、13銘柄が下落。

その他、前日特許侵害が伝わり売られたアップルはイベントへの思惑から1.26%高と反発しナスダックを牽引、通信機器のエミュレックスを買収すると発表した半導体のアバゴ・テクノロジーが14.71%高、エミュレックスは24.69%高、セールスフォース・ドットコムは決算が好感され11.72%高。フェイスブックとグーグルも堅調で、アリババは冴えない。

戻る