2月19日の米国株式市場は、高安まちまち。NYダウ 0.24%安、ナスダック 0.37%高、S&P500 0.11%安

概況


2月19日の米国株式市場は、NYダウが終日冴えない一方、ナスダックが堅調推移で続伸。ギリシャ動向が注目されるなか、原油価格の下落が重しとなった反面、ネット関連の上昇が支援材料に。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 44.08ドル安(0.24%安)の17,985.77ドル、ナスダック総合指数は前日比 18.34ポイント高(0.37%高)の4,924.70、S&P500指数は前日比 2.23ポイント安(0.11%安)の2,097.45。

ダウ構成銘柄では、ウォルマートやシェブロン、キャタピラー、アメリカン・エキスプレス、エクソン・モービル、AT&T、ホーム・デポ、メルクなどが冴えない一方、ボーイングやIBM、ナイキ、コカ・コーラ、ゴールドマン・サックスなどがシッカリ。

その他、四半期決算からプライスラインが8.46%高と大幅高で、TモバイルUSも決算から2.74%高。フェイスブックも買われ、テスラやアリババ、グーグルなども上昇。アップルは冴えない。

戻る