2月12日の米国株式市場は、上昇。NYダウ 0.62%高、ナスダック 1.18%高、S&P500 0.96%高

概況


2月12日の米国株式市場は、寄付きから堅調な展開が続き上昇、ナスダックは3日続伸。1月の小売売上高が予想を下回ったものの、ウクライナの停戦合意や企業決算が支援材料に。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 110.24ドル高(0.62%高)の17,972.38ドル、ナスダック総合指数は前日比 56.43ポイント高(1.18%高)の4,857.61、S&P500指数は前日比 19.95ポイント高(0.96%高)の2,088.48。

ダウ構成銘柄では、決算が好感されたシスコシステムズが9.39%高と値上がり率トップ、JPモルガンやエクソン・モービル、ビザ、ファイザー、インテル、ディズニー、ホーム・デポ、マイクロソフトなども堅調。反面、アメリカン・エキスプレス、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ウォルマート、ボーイングなどが冴えない。指数を構成する30銘柄中、24銘柄が上昇、6銘柄が下落。

その他、10-12月期が大幅増益となったホテル・旅行の口コミサイトを運営するトリップアドバイザーが22.49%高と急伸、旅行予約サイトのエクスペディアは同業のオービッツを買収することが伝わり14.50%高、EVのテスラ・モーターズは決算が嫌気され4.66%安。アップルやグーグル、アリババは堅調推移で、フェイスブックは冴えない。

戻る