2月9日の米国株式市場は、続落。NYダウ 0.53%安、ナスダック 0.39%安、S&P500 0.42%安

概況


2月9日の米国株式市場は、終日冴えない展開で、引けにかけてやや下げ幅を拡大。ギリシャ不安から欧州株が売られ、米市場も同様の動きに。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 95.08ドル安(0.53%安)の17,729.21ドル、ナスダック総合指数は前日比 18.39ポイント安(0.39%高)の4,726.01、S&P500指数は前日比 8.73ポイント安(0.42%安)の2,046.74。

ダウ構成銘柄では、1月の世界既存店売上高が冴えずマクドナルドが売られ、ウォルマートやトラベラーズ、インテル、メルク、3M、ビザなども軟調。指数を構成する30銘柄中、上昇はキャタピラー、シェブロン、GE、エクソン・モービルの4銘柄のみ。

その他、身売りを検討と伝わったモトローラ・ソリューションズは4.83%高、中国独禁法違反で近く和解する見通しが伝わった半導体のクアルコムは1.15%高。アップルとアリババは小じっかりで、フェイスブックとアップルは下落。

戻る