2月2日の米国株式市場は、反発。NYダウ 1.14%高、ナスダック 0.89%高、S&P500 1.30%高

概況


2月2日の米国株式市場は、朝方やや冴えない動きも、引けにかけて上げ幅を拡大。1月のISM製造業景況指数が予想を下回り懸念された一方、原油価格の反発が好感される展開。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 196.09ドル高(1.14%高)の17,361.04ドル、ナスダック総合指数は前日比 41.45ポイント高(0.89%高)の4,676.69、S&P500指数は前日比 41.45ポイント高(1.30%高)の2,020.85。

ダウ構成銘柄では、シェブロンやベライゾン、エクソン・モービル、マイクロソフト、JPモルガンが高く、インテルやゴールドマン・サックス、シスコシステムズ、トラベラーズなども堅調。指数を構成する30銘柄中、下落はナイキの1銘柄。

その他、社債発行が伝わったアップルは1.25%高、前日決算から大幅高となったアマゾンは2.80%高と続伸、アリババは1.18%高。フェイスブックとグーグルは冴えず、創業者の取締役が退任するルルレモン・アスレティカは1.09%安。

戻る