1月27日の米国株式市場は、大幅反落。NYダウ 1.65%安、ナスダック 1.89%安、S&P500 1.34%安

概況


NYダウ 週足

NYダウ 週足

1月27日の米国株式市場は、寄付きから売り優勢で大幅反落。この日発表された12月の耐久財受注が予想を下回ったほか、マイクロソフトやキャタピラー、P&Gの決算等も嫌気される展開。

NYダウ工業平均は前日比 291.49ドル安(1.65%安)の17,387.21ドル、ナスダック総合指数は前日比 90.27ポイント安(1.89%安)の4,681.50、S&P500指数は前日比 27.54ポイント安(1.34%安)の2,029.55。

ダウ構成銘柄では、マイクロソフトが9.25%安、キャタピラーが7.18%安、インテルやシスコシステムズ、P&G、ゴールドマン・サックス、ビザ、ナイキなども下落。指数を構成する30銘柄中、上昇はユナイテッド・テクノロジーズのみ。

その他、世界的に接続障害が発生したフェイスブックは2.21%安、HPも3.81%安と売られ、グーグルやアリババ、ツイッターなども軟調。通常取引終了後に決算を発表したアップルは時間外取引で上昇。

戻る