1月15日の米国株式市場は、5日続落。NYダウ 0.61%安、ナスダック 1.48%安、S&P500 0.92%安

概況


1月15日の米国株式市場は、終日冴えない展開が続き5日続落。企業決算が嫌気されたほか、原油価格の下落や予想を下回る経済指標なども重しに。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 106.38ドル安(0.61%安)の17,320.71ドル、ナスダック総合指数は前日比 68.50ポイント安(1.48%安)の4,570.82、S&P500指数は前日比 18.60ポイント安(0.92%安)の1,992.67。

ダウ構成銘柄では、JPモルガンが売られ、キャタピラーやシスコシステムズ、ホーム・デポ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、メルク、シェブロンなども安い。指数を構成する30銘柄中、23銘柄が下落、6銘柄が上昇、1銘柄が変わらず。

その他、10-12月期決算を発表したバンク・オブ・アメリカが5.24%安と売られ、シティグループも同じく決算が嫌気され3.71%安、量販店のベスト・バイは冴えない見通しから14.06%安。グーグルは小じっかりも、フェイスブックやアップルは下落。

戻る