1月5日の米国株式市場は、下落。NYダウ 1.86%安、ナスダック 1.57%安、S&P500 1.83%安

概況


NYダウ 週足

NYダウ 週足

1月5日の米国株式市場では、寄り付きから軟調な展開が続きNYダウは大幅反落、ナスダックとS&P500は4日続落。原油価格が約6年振りの水準まで下落したことが嫌気されたほか、ギリシャ問題等から欧州市場が売られたことも重しに。

NYダウ工業平均は前日比 331.34ドル安(1.86%安)の17,501.65ドル、ナスダック総合指数は前日比 74.24ポイント安(1.57%安)の4,652.57、S&P500指数は前日比 37.62ポイント安(1.83%安)の2,020.58。

ダウ構成銘柄では、アナリストによる格下げからキャタピラーが売られ、シェブロンとゴールドマンサックスも安い。エクソンモービルやアメリカン・エキスプレス、3M、シスコシステムズ、マクドナルドなども軟調で、指数を構成する30銘柄中、上昇はメルクの1銘柄のみ。

その他、フェイスブックやアリババ、テスラ、アップル、グーグルなども下落。バイオのギリアド・サイエンシズは1.98%高。

戻る