12月29日の米国株式市場は、高安まちまち。NYダウ 0.09%安、ナスダック 0.00%高、S&P500 0.09%高

概況


NYダウ 週足

NYダウ 週足

12月29日の米国株式市場では、NYダウが8営業日ぶりに反落となった一方、ナスダック、S&P500が続伸。ギリシャが解散・総選挙となることが決まり不透明感も、薄商いのなか全般手控えムードで小動き。

NYダウ工業平均は前日比 15.48ドル安(0.09%安)の18,038.23ドル、ナスダック総合指数は前日比 0.05ポイント高(0.00%高)の4,806.91、S&P500指数は前日比 1.80ポイント高(0.09%高)の2,090.57。

ダウ構成銘柄では、IBMやインテル、マクロソフト、P&G、ファイザー、ビザなどが冴えない反面、ホーム・デポやJPモルガン、ボーイング、ディズニー、ナイキなどがシッカリ。指数を構成する30銘柄中、12銘柄上昇、18銘柄が下落。

その他、アナリストによる格上げからバイオのギリアド・サイエンシズが3.74%高、工業製品のマニトウォックはカール・アイカーン氏の取得が明らかとなり8.94%高、中国でGメールの利用ができなくなったグーグルは0.69%安。フェイスブックやアップルは冴えず、アリババは小じっかり。

戻る