12月17日の米国株式市場は、反発。NYダウ 1.69%高、ナスダック 2.12%高、S&P500 2.04%高

概況


NYダウ 週足

NYダウ 週足

12月17日の米国株式市場は、反発。寄り付きから小じっかりの展開で、FOMCが好感され引けにかけて一段高。原油価格の上昇も支援材料に。

NYダウ工業平均は前日比 288.00ドル高(1.69%高)の17,356.87ドル、ナスダック総合指数は前日比 96.48ポイント高(2.12%高)の4,644.31、S&P500指数は前日比 40.15ポイント高(2.04%高)の2,012.89。

ダウ構成銘柄では、シェブロンやユナイテッドヘルス・グループ、マクドナルド、エクソンモービル、コカコーラ、デュポン、JPモルガン、ホーム・デポなどが高い。指数を構成する30銘柄、全てが上昇。

その他、輸送サービスのフェデックスが9-11月決算から3.72%安、食品のゼネラル・ミルズは2.07%高。オバマ大統領がキューバとの国交正常化交渉を開始すると発表したことで、ロイヤル・カリビアン・クルーズが6.62%高、カーニバルは3.46%高。新CEOが指名されたアメリカン・アパレルは18.97%高。フェイスブックやアップル、アリババ、アマゾンなども堅調推移。

戻る