概況/大引け 日経平均は反発も、TOPIXは3日続落。FOMCを控え方向感に乏しい。スカイマークがストップ高

概況


大引けの日経平均は16,819.73円の64.41円高、TOPIXは1,352.01の1.36ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は842、値下がり銘柄数は849。出来高は24億3,085万株、売買代金は2兆6,033億円。

日経平均 週足

日経平均 週足

日経平均は反発も、TOPIXは3日続落。前日のNY原油先物相場が5営業日振りに小幅反発したことが好感も、米FOMC(連邦公開市場委員会)を控えており方向感に乏しい動きに。原油価格の動向にも依然として不透明感。

業種別では鉱業や紙パルプ、石油、ゴム、鉄鋼などが堅調な一方、食品や空運、陸運、化学、不動産などが軟調。

個別銘柄では、原油価格の反発から国際帝石(1605)JXホールディングス(5020)が堅調で、大平洋金属(5541)JFE(5411)などの素材産業にも押し目買い。国土交通省が羽田空港の発着枠を36枠で維持する方針と伝わったスカイマーク(9204)がストップ高、ダイヘン(6622)はいちよし経済研究所の新規「A」が刺激に。中国ローカル企業へ自動フォーカス調整装置の出荷開始からテクノホライゾン(6629)が買われ、テクノマセマティカル(3787)は「8K」(7,680*4,320)映像を、画質を落とさずに復元する技術を開発したとの報道から急騰。ソフトバンク(9984)ファーストリテ(9983)ソニー(6758)はシッカリ。

一方、ロシアのルーブル安に対する警戒感から、JT(2914)は大幅安。下方修正からセゾン情報(9640)カメイ(8037)が売られ、第3四半期決算を発表した西松屋チェーン(7545)も急落。

なお本日、東証2部に新規上場した竹本容器(4248)の初値は公開価格を2%上回る918円、JASDAQに上場した今村証券(7175)は27.4%高の1,720円、マザーズに上場したフルッタフルッタ(2586)は51.5%高の6,500円。

戻る