12月12日の米国株式市場は、大幅反落。NYダウ 1.79%安、ナスダック 1.16%安、S&P500 1.62%安

概況


NYダウ 週足

NYダウ 週足

12月12日の米国株式市場は、終日冴えない展開が続き安値引けで、大幅反落。原油価格や冴えない中国指標から世界経済への警戒感が広がるかたちに。

NYダウ工業平均は前日比 315.51ドル安(1.79%安)の17,280.83ドル、ナスダック総合指数は前日比 54.56ポイント安(1.16%安)の4,653.60、S&P500指数は前日比 33.00ポイント安(1.62%安)の2,002.33。

ダウ構成銘柄では、IBMやデュポン、エクソンモービル、メルク、ゴールドマン・サックス、シェブロン、ビザ、キャタピラー、アメリカン・エキスプレス、ファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどが安い。指数を構成する30銘柄、全てが下落。

その他、ソフトのアドビが決算から9.00%高と逆行高。フェイスブックとアリババは小幅ながら続伸で、アップルやグーグル、アマゾン、テスラなどは冴えない。

戻る