12月5日の米国株式市場は、反発。NYダウ 0.33%高、ナスダック 0.24%高、S&P500 0.17%高

概況


NYダウ 週足

NYダウ 週足

12月5日の米国株式市場は、寄り付きからシッカリした展開で反発。この日発表された11月の雇用統計が好感される展開。

NYダウ工業平均は前日比 58.69ドル高(0.33%高)の17,958.79ドル、ナスダック総合指数は前日比 11.32ポイント高(0.24%高)の4,780.75、S&P500指数は前日比 3.45ポイント高(0.17%高)の2,075.37。

ダウ構成銘柄では、JPモルガンやゴールドマン・サックス、ファイザー、デュポン、メルク、ビザ、マクドナルド、ボーイングなどが堅調な反面、シェブロンやシスコシステムズ、キャタピラー、マイクロソフト、エクソンモービルなどが冴えない。指数を構成する30銘柄中、20銘柄が上昇、10銘柄が下落。

その他、カジュアル衣料のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズが四半期決算から13.76%安、中国事業売却と伝わった量販店のベストバイは1.25%安、グーグルはアナリストによる格下げから2.24%安。フェイスブックは堅調で、アップルとアリババは続落。

戻る