11月28日の米国株式市場は、高安まちまち。NYダウ 0.00%高、ナスダック 0.09%高、S&P500 0.25%安

概況


11月28日の米国株式市場は、寄り付き堅調推移も、引けにかけて値を消す展開。感謝祭明けの短縮取引となるなか、OPECの生産枠据え置きで原油価格が下落し、エネルギー関連株が売られる展開。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 0.49ドル高(0.00%高)の17,828.24ドル、ナスダック総合指数は前日比 4.31ポイント高(0.09%高)の4,791.63、S&P500指数は前日比 5.27ポイント安(0.25%安)の2,067.56。

ダウ構成銘柄では、ウォルマートやP&G、ホーム・デポ、ナイキ、コカコーラ、3M、ベライゾン、メルク、インテルなどが堅調な反面、シェブロンやキャタピラー、エクソンモービル、GEなどが冴えない。指数を構成する30銘柄中、21銘柄が上昇、9銘柄が下落。

その他、原油価格の下落からサウスウエスト航空が6.47%高、デルタ航空が5.49%高、エネルギー関連のハリバートンは10.86%安。年末商戦への期待感もあり、ベストバイが1.70%高、JCペニーが3.35%高、アマゾン・ドット・コムは1.52%高。フェイスブックやグーグルは小じっかりで、アップルやアリババは冴えない。

戻る