11月18日の米国株式市場は、上昇。NYダウ 0.23%高、ナスダック 0.67%高、S&P500 0.51%高

概況


11月18日の米国株式市場は上昇、NYダウとS&P500は最高値を更新。日本株が大きく反発し、独経済指標から欧州市場も堅調で、米景気自体への期待感も後押し。資源株やヘルスケア株が堅調。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 40.07ドル高(0.23%高)の17,687.82ドル、ナスダック総合指数は前日比 31.44ポイント高(0.67%高)の4,702.44、S&P500指数は前日比 10.48ポイント高(0.51%高)の2,051.80。

ダウ構成銘柄では、ユナイテッドヘルス・グループやボーイング、GE、コカコーラ、インテル、ユナイテッド・テクノロジーズ、デュポン、3M、ファイザー、メルクなどが堅調な一方、ホーム・デポやマイクロソフト、IBM、ベライゾン、シェブロンなどが冴えない。

その他、決算を背景にアパレルのアーバン・アウトフィッターズが6.62%安、医療機器のメドトロニックは見通しが好感され4.74%高、ジェネリックのアクタビスはアラガン買収から8.74%高。アップルやフェイスブックはシッカリで、アリババとグーグルは下落。

戻る