11月14日の米国株式市場は、高安まちまち。NYダウ 0.10%安、ナスダック 0.18%高、S&P500 0.02%高

概況


11月14日の米国株式市場は高安まちまち、NYダウが反落となった一方、ナスダックは5日続伸。原油価格の反発でエネルギー株が上昇も、全般的には小動き。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 18.05ドル安(0.10%安)の17,634.74ドル、ナスダック総合指数は前日比 8.40ポイント高(0.18%高)の4,688.54、S&P500指数は前日比 0.49ポイント高(0.02%高)の2,039.82。

ダウ構成銘柄では、ジョンソン・エンド・ジョンソンやビザ、ユナイテッドヘルス・グループ、メルク、ホーム・デポなどが冴えない反面、シスコシステムズやIBM、インテル、マクドナルド、エクソン・モービルなどがシッカリ。指数を構成銘柄の高安は半々。

その他、同業の買収を検討と伝わった資源サービスのハリバートンが2.40%高、百貨店のノードストロームは決算を受けて1.26%高、過去の決算を修正すると公表したレンタカーのハーツ・グローバルは4.58%安。アップルやフェイスブックは堅調で、グーグルは冴えない。なお、ヴァージン・アメリカがナスダックに新規上場、公開価格23ドルを30.43%上回る30ドルで初日の取引を終了した。

戻る