12月は怒涛のIPOラッシュ 最大で「29社」過去3番目の高水準

IPO 概況


本年12月はIPO(新規上場)ラッシュとなる公算大。具体的には、11日から26日までの間に最大で「29社」が上場する見通しだ。

月間IPO社数としては、1999年以降で、2005年12月の「32社」、00年12月、01年12月、06年12月の「30社」に続く過去3番目の高水準になる(4番目は00年9月の28社)。

本年IPOは11月末まで48社であり、12月に29社が上場すると、年間で77社。年始段階の想定(年間70-80社)の範囲内で着地することに。

さて、12月11-26日となると、その間の営業日はわずか「11営業日」にすぎない。「4社同時上場」が観測される11日以外にも、4社同時上場となる日が複数出てくるとみられ、IPOファンには濃密な日々が続くことに。

業種業態は多種多様でバラエティーに富む。比較的大型の案件では、スマートフォン向けゲームの『gumi』、日本ガイシ(5333)系と富士電機(6504)系の水処理関連企業が合併して発足した『メタウォーター』が有力視される。

大多数を占める小型案件では、クラウドソーシングの『クラウドワークス』、無料法律相談や弁護士・法律事務所の検索サービスを提供する『弁護士ドットコム』、アサイーなどブラジル産果物を原料とした製品の開発販売を行う『フルッタフルッタ』などが有力候補に挙がる。なお、主幹事証券別の案件数は、筆頭の大和証券でも9社程度とみられ(次点は野村証券)、主幹事は分散傾向にあるようだ。

戻る