10月13日の米国株式市場は、3日続落。NYダウ 1.35%安、ナスダック 1.46%安、S&P500 1.65%安

概況


10月13日の米国株式市場は、前日終値を挟んでの揉み合いが続いていたが、引けにかけて売り優勢に。引き続き世界経済への警戒感等が重しに。

NYダウ 日足

NYダウ 日足

NYダウ工業平均は前日比 223.03ドル安(1.35%安)の16,321.07ドル、ナスダック総合指数は前日比 62.58ポイント安(1.46%安)の4,213.66、S&P500指数は前日比 31.39ポイント安(1.65%安)の1,874.74。

ダウ構成銘柄では、メルクが売られ、ディズニー、アメリカン・エキスプレス、ファイザー、ホーム・デポ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ナイキ、シスコシステムズなどが安い。指数を構成する30銘柄全てが下落。

その他、鉄道のCSXが合併の話題から5.88%高、原油価格の下落で資源サービスのハリバートンが7.42%安、エボラ出血熱への懸念でアメリカン航空が7.15%安、ユナイテッド・コンチネンタルが7.29%安、決算への警戒感から自動車販売のリシアモーターズが20.84%安。アップルやテスラ、グーグルなども冴えない。

戻る