概況/寄り付き NYダウが大幅反落で、東証は全面安。主力株が安。ファーストリテは決算好感

概況


9時15分時点の日経平均は15,260.49円の218.44円安、TOPIXは1,238.03の22.75ポイント安。値上がり銘柄数は65、値下がり銘柄数は1,725。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが770万株、買いは630万株。

日経平均 週足

日経平均 週足

昨日のNYダウは334ドル安の16,659ドルと今年最大の下げ幅を記録しました。世界経済への警戒感が重しとなっています。

今朝の東京株式市場は米株安から全面安スタート。鉱業や鉄鋼、銀行、非鉄、卸売などが安く、東証1部の33業種全てがマイナス。

ソフトバンク(9984)トヨタ(7203)ファナック(6954)KDDI(9433)など、日経平均寄与度の高い銘柄が売られ、宮越HD(6620)などの仕手系株も下落。エボラ出血関連で買われてきた富士フイルム(4901)も利益確保に押され、決算を発表した松屋(8237)も売り優勢。

一方、ファーストリテ(9983)が大幅増益見通しから堅調で、グリー(3632)はLINEとの共同出資会社設立が刺激に、キャンバス(4575)はCBS9106の特許査定が材料視。

戻る