概況/寄り付き NYダウの大幅安で、東京市場もほぼ全面安。空運、証券、海運、その他金融などが安い

概況


9時9分時点の日経平均は15,875.01円の207.24円安、TOPIXは1,298.32の19.89ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,900万株、買いは880万株。

日経平均 週足

日経平均 週足

昨日のNYダウは238ドル安の16,804ドルで3日続落。エボラ出血熱感染者が米国内で確認されたことや、9月のISM製造業景気指数が56.6(予想58.5)と8月の59.0から低下したことも警戒されました。

今朝の東京株式市場は、欧米株安から全面安。空運や証券、海運、その他金融、ガラス土石、機械、不動産などが安い。

個別銘柄では、ソフトバンク(9984)が続落で、米国でエボラ出血熱への警戒で航空会社が売られたため、日本航空(9201)などが軟調。スカイマーク(9204)はエアバスと解約違約金減額交渉を始めたことで逆行高。カッパ・クリエイト(7421)はコロワイドが株式の過半を取得すると報じられ買い気配で、ポプラ(7601)ローソン(2651)との資本業務提携が材料視、東洋水産(2875)はJPモルガンの格上げが好感。

戻る