9月30日の米国株式市場は、小幅続落。NYダウ 0.17%安、ナスダック 0.28%安、S&P500 0.28%安

概況


9月30日の米国株式市場は、前半買われる場面も見られたものの、後半は小幅安での揉み合い。9月の消費者信頼感指数が予想を下回った点などが重しに。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 28.32ドル安(0.17%安)の17,042.90ドル、ナスダック総合指数は前日比 12.46ポイント安(0.28%安)の4,493.39、S&P500指数は前日比 5.51ポイント安(0.28%安)の1,972.29。

ダウ構成銘柄では、マクドナルドやホーム・デポ、ボーイング、シェブロン、P&G、キャタピラー、ファイザー、アメリカン・エキスプレス、エクソンモービルなどが軟調な一方、ビザやコカコーラ、シスコシステムズ、GE、ウォルマート、ユナイテッド・テクノロジーズなどがシッカリ。指数を構成する30銘柄中、13銘柄が上昇、17銘柄が下落。

その他、イーベイが7.54%高、ペイパルをスピンオフする計画が好感。不動産のムーブはニューズ・コープの買収から37.08%高、前日先行き懸念から売られたフォード・モーターが2.12%安と続落。フェイスブックやアップル、アリババ、グーグルは小じっかり。

戻る