2月11日の米国株式市場は、反落。NYダウは 0.16%安、ナスダックは 0.06%安

概況


S&P500 日足

S&P500 日足

2月11日の米国株式市場は、反落。特に目新しい材料のないなか、S&P500指数が5年ぶりの高値圏に上昇していること等から、利益確定の動きが優勢。

ダウ工業平均は前日比 21.73ドル安(0.16%安)の13,971.24ドル、ナスダック総合指数は前日比 1.87ポイント安(0.06%安)の3,192.00ポイント、S&P500指数は前日比 0.92ポイント安(0.06%安)の1,517.01ポイント。

ダウ構成銘柄では、マイクロソフトやファイザー、バンク・オブ・アメリカ、デュポンなどが堅調も、ユナイテッドヘルスグループ、ホーム・デポ、ボーイング、アルコア、エクソン・モービルなどが冴えない展開。

その他、シュミット会長が持ち株の売却を明らかにしたグーグルは0.38%安、腕時計のような機器を開発と報じられたアップルは1.04%高、フェイスブックは1.0%安と続落で、格上げからAOLが7.44%高。

戻る