9月18日の米国株式市場は、続伸。NYダウ 0.64%高、ナスダック 0.68%高、S&P500 0.49%高

概況


9月18日の米国株式市場は、寄り付きから堅調な展開で続伸。早期利上げへの懸念が後退し、新規失業保険申請件数も支援材料となり、NYダウは連日で高値を更新。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 109.14ドル高(0.64%高)の17,265.99ドル、ナスダック総合指数は前日比 31.24ポイント高(0.68%高)の4,593.42、S&P500指数は前日比 9.79ポイント高(0.49%高)の2,011.36。

ダウ構成銘柄では、デュポンが引き続き買われ、JPモルガンやゴールドマン・サックス、トラベラーズ、アメリカン・エキスプレス、ジョンソン・エンド・ジョンソン、3Mなども高い。反面、エクソン・モービル、シェブロン、ウォルマートなどが冴えない。指数を構成する30銘柄中、25銘柄が上昇、5銘柄が下落。

その他、食品のコナグラ・フーズが決算から4.59%高、ドラッグストアのライト・エードは見通しを引き下げたことで18.52%安。テスラやフェイスブック、アップル、グーグルはシッカリ。決算と創業者ラリー・エリソン氏のCEO辞任を公表したオラクルは時間外取引で下落。

戻る