9月17日の米国株式市場は、続伸。NYダウ 0.15%高、ナスダック 0.21%高、S&P500 0.13%高

概況


9月17日の米国株式市場は、小幅続伸で、NYダウが最高値を更新。FOMC声明において、注目された「相当の期間」との文言が維持されたことが好感される展開に。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 24.88ドル高(0.15%高)の17,156.85ドル、ナスダック総合指数は前日比 9.43ポイント高(0.21%高)の4,562.19、S&P500指数は前日比 2.59ポイント高(0.13%高)の2,001.57。

ダウ構成銘柄では、大株主による会社分割の提案が思惑を生み、デュポンが大幅上昇、ホーム・デポやファイザー、アメリカン・エキスプレス、JPモルガン、ベライゾンなども堅調推移。反面、キャタピラーやビザ、マイクロソフト、ユナイテッド・テクノロジーズなどが冴えない。指数を構成する30銘柄中、17銘柄が上昇、13銘柄が下落。

その他、決算等から住宅のレナーが5.8%高、フェデックスも3.27%高、アドビは冴えない見通しが嫌気され4.85%安。アップルは小幅高で、フェイスブックもシッカリ、グーグルも上昇。

戻る